人気ブログランキング |

ユニケアの地域連携わくわく日記

unicare.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「きょうだいへの支援と家族の将来を考える」談話会の参加模様

こんばんは!<(_ _)>

障害をもつお子さんの保護者の皆さんは、
きょうだいへの接し方、年代的に地域か支援学校かの就学を選択する際にきょうだいへの影響を気にされている方が多いようです。

そんなお悩みへの取り組みとして、
先日、枚方市発達支援センターに関係する保護者の皆様主催で「きょうだいへの支援と家族の将来を考える」談話会が開催されました!
当社のわくわくコラボの保護者の皆様以外にも、多くの方が参加されたようです。

そして我がユニケアからも! 言語聴覚士さんが講演者として参加しました!(= ̄▽ ̄=)
f0283066_12214352.jpeg
枚方市津田生涯学習市民センターの保育室をお借りしました!

言語聴覚士さんからは、

・きょうだいをとりまく環境の影響
・家庭でのきょうだいへの影響
・小学生のきょうだいへの影響
・中高生のきょうだいへの影響
・大人のきょうだいへの影響
・周囲の方へのお願い
・ノーマライゼーションとは
・家族の将来を考える
・その人なりの自立
・まとめ
・参考書籍の案内

という内容のお話をさせていただき、保護者の皆様から
「きょうだい、家族での将来像を見据えた話し合いをしたいと思う」「話が聞けてよかった」
「第二子を迷っていたけど、家族でもう一回話し合ってみます」といったありがたいお声をたくさん頂きました。<(_ _*)>
また大変関心が高い内容で、次回の開催をご期待いただいてる方もいらっしゃいました。

残念ながら今回は部屋の人数制限や体調不良、ご都合等で来られなかったも多かったみたいなので、
ユニケアとしても何らかの形で今回の内容を紹介できるようにしたいとは思っております!

縁あってつながることの出来た皆さんとの絆を大切にし、
今後も関係を強化できるよう、ますます頑張って参ります!(o ̄∇ ̄)/

by unicare | 2019-06-21 19:00

『命の俳句』第八回 〜伊那谷へ落ちさうな村花林檎〜

こんばんは!o(*^▽^*)o

今日は、『命の俳句』の第8回目です!!

訪問リハの利用者さんの俳句がまたも新聞に掲載されました!(前回はこちら

久しぶりの登場となるこのコーナー。今回はどんな句なのでしょうか? 楽しみですね!(≧v≦●)

それではさっそくどうぞ!
f0283066_16585390.jpg
『伊那谷へ落ちさうな村花林檎』

伊那谷(いなだに)とは、長野県南部、天竜川に沿って南北に伸びる盆地で、伊那盆地(いなぼんち)や伊那平(いなだいら)とも呼ばれる場所だそうです。
また、古典における「落ち」には、「落下する」というそのままの意味もありますが、「陥落する」「沈む」「散る」といった意味に使われることもあるので、そのように考えていくと、伊那谷の自然の中に「落ち」そうな村の中の花林檎の姿が浮かび上がってきます。

雄大な自然と、その中に共生する人の営みが感じられる句なのではでしょうか。(*≧▽≦)
(もちろん、受け取り方は人それぞれなので、物理的に谷に落ちそうな村なのかもしれません。)

今回の句、如何だったでしょうか。

次回もお楽しみに!(⊙ ‿<*)


by unicare | 2019-06-14 19:00