ユニケアの地域連携わくわく日記

unicare.exblog.jp
ブログトップ

『命の俳句』第四回 〜鮎釣の 腰の魚籠まだ ふるへをり〜

こんばんは!

今日は、『命の俳句』のコーナーの第四回目です!!

またまた訪問リハの利用者さんの俳句が新聞に掲載されました!(前回はこちら

恒例となってきたこのコーナー、皆様も楽しみにしてくださっていたのではないでしょうか!

今回はこちら!
なんと特選に選ばれたとのこと!!
f0283066_10560950.jpg
『鮎釣の 腰の魚籠まだ ふるへをり』
 【評】その中には釣り上げたばかりの鮎。動きが見えるばかりでなく、微動が伝わってくる。


鮎は代表的な夏の川魚でだそうです。

そしてこの鮎、なんと前の年の冬に生まれて一年で一生を終えます。(,ºΔº,)

夏に全盛期を迎えた鮎の姿が、目に浮かぶようです。(*-ω-)


今回の一句、如何だったでしょうか。

次回もお楽しみに!(⊙ ‿<*)

[PR]
# by unicare | 2018-08-08 19:00